味噌保存容器(2キロ)おすすめ!価格購入方法と使い方も!

味噌(みそ)を保存容器に移す必要はあります。

未開封の味噌でも時間が経ってくると
味噌由来の成分の反応によって色や味が
変化します。

これは、味噌を製造販売しているメーカー
でも指摘されていることです。

Sponsored Link

味噌(みそ)の正しい保存方法とは?

保存方法を考えることで、色合いや
味(風味)の変化を少なくすることが必要です。

<1>冷蔵庫・冷凍庫での保存を!

未開封の場合は、常温でも保存できますが、
味噌の成分が反応しにくくするために
冷蔵庫または冷凍庫での保管が推奨
されています。
これは、未開封の状態でもそうです。

普通の味噌は、家庭用の冷凍庫で
冷凍(-20度)しても凍りません。
少し、かたくなるだけです。

<2>空気に触れさせない

味噌を開封して使うと、その表面はしだいに
酸化していきます。

ですので、表面をラップで覆うなどの
工夫が必要となります。

もちろん、味噌の保存容器も上手に
活用しましょう!

※最近の市販の味噌には、窒素と炭酸ガスが
入れてあり、酸化しにくいような工夫が
なされています。

Sponsored Link

味噌から汁が出ている場合は?

メーカーの説明によると、味噌の熟成成分の
「たまり」という旨みエキスが、この「汁」
の正体とのことです。

なので、品質的には問題ありません。
汁は、味噌と混ぜて使用できます。

味噌の保存容器おすすめの条件は?

上記のように、味噌を保存する場合は
冷蔵庫または冷凍庫で、できるだけ空気に
触れさせないようにして保存する必要があります。

また、保存するだけでなく、
味噌を使うときに、使いやすいというのも
条件の一つですね。

<1>冷凍、冷蔵に適した耐久性のある容器
<2>密閉性が高い容器
<3>使いやすい容器
<4>デザイン性のあるオシャレな容器
<5>価格が安いこと

味噌の保存容器(2キロ)のおすすめは?

2kgの味噌の例です。


仕込み容器2.2L(味噌が約2キロ入ります)

おすすめです。

機能的であり、中身も見えますので
安心できます。
価格も、かなりリーズナブルなので
2~3個まとめて購入して
色んな種類の味噌を保存できます。
シンプルなデザインでオーソドックスなタイプです。

 

他にも色々なタイプの容器があります。
(アップ予定です~♫)

Sponsored Link