一木けいの経歴や結婚相手は?身長やタイに住む理由も調査!

R18文学賞(読者賞)受賞者の作家で
Superflyの越智志帆さんや椎名林檎さんが絶賛
する小説家一木けい(いちき けい)さんについて書いています。

なぜ、それほどまでに一木けいさんの作品が
絶賛されるのか?
そして、タイのバンコクに住んでいる理由
などについても調べてみました。

素晴らしい作品の影には、壮絶な経験が
隠されれていることも。。。

結婚や子供さんに関することなども気になるところです。

Sponsored Link

一木けいの経歴(プロフィール)


本名・・同じのようですが、非公開

生年月日・・1979年 月 日
年齢・・39歳か40歳です。
(2019年6月現在)
出身地・・福岡県

2019年6月現在、タイのバンコクに在住

仕事・・作家

身長・・153cm(予想)
サイズ・・非公開

小学校
・・3年生までは福岡の学校
・・4年生になるときに西国分寺の小学校へ転校

出身大学
・・東京都立大学卒業

身長について

身長については、公表されていませんが、
カラテカ矢部太郎さんとのツーショット
写真がありますので、そこから概ねわかります。

カラテカ矢部さんは、身長が158cmです。

インスタの写真では、身長差が5cmほどですので

158-5=153cm

ほどになると思います。

Sponsored Link

結婚相手について

結婚相手の写真や国籍などについては
何の情報もありませんが、子供さんを出産して
育てられていることは、雑誌の取材などで
語られています。

そして、上の写真でも左手の薬指には
結婚指輪と考えられるリングがあります。

現在、タイのバンコクで暮らしておられるので
国際結婚されていることも十分考えらます。

タイのバンコクに住む理由

一木けいさんは、2019年6月現在でタイの
バンコクに住まれています。

その理由について調べてみました。

一木けいさんの理解者である教授や父親、友人との別れ

小説を書くきっかけを作ってくれた
東京都立大学(経済学部)の教授には
公私ともにお世話になっておられました。

別荘での食事に友達と一緒に
招かれたりすることも有ったと言います。

君なら書ける・・

そう言ってくれた教授が突然の急逝・・

更に、時期を同じくして父親や友人が相次いで急逝・・

かなりのショックを受けられます。

そのことが、日本を離れてタイの
バンコクに行くことになった理由の
一つだと考えられます。

結婚、出産が関係?

結婚相手のことが何の情報も無いことも
タイのバンコクで住む理由かもしれません。

結婚相手の方がタイと関係のある人だと
いうことも考えられますので・・。

小説の執筆に活かすため?

タイでの生活で得られる言語的な
日本語とのギャップを指摘されています。

日本語で感じた感覚をタイの言葉で
考えることで、日本にいるときには
味わえない独特な言語感覚が湧き出てくる
とのこと!

また・・

日本語で書かれてある小説などであれば
どんな内容のものでも堂々と人前で
読むことができるのも良いとコメントされてます。

今まで書かれた際どい文章でもタイであれば
バレないようですね(^_^;)

言語って大事ですね。

小説を書くきっかけになった出来事

一人の女の子との出会い

この女の子の年齢や国籍、健康状態などは公開されていません。

同じ大学の学生だったかもしれませんし、
全く違って外国(タイなど)の子供だった
かもしれません。

とにかく、その女の子との出会いが
一木けいさんの小説家として出発点に
なったようです。

その時のことを一木けいさんは・・

一緒に過ごした数時間の間に、その女の子
の言動が強く印象に残り、彼女の美しさ
と不思議な吸引力について
小説に書きたいと思った。

そう、述べられています。

これは、想像になりますが、
もしかすると、その女の子との永久の別れが

あったのかもしれません。

その女の子には、何か特別な事情があった
ということは十分考えられます。

なんせ、数時間で一木けいさんの心に
火をつけることができた存在なんですから・・

よほど衝撃的な出会いだったんですね。

椎名林檎さんの評価・コメント

本の帯には、

「私が50円分の円盤や90分の舞台で
描きたかった全てが入っている。」

このようにコメントされています。

越智志帆さんの評価・コメント

Superfly(スーパーフライ)越智志帆さんが
本の帯を書かれています。

これは、とっても異例のことです。

最高のコメントですね。

本当に感動しないと書かれないと思います。

人生初の帯コメントを書かせていただきました!

愛について悩んでいる人、人間関係に悩んでいる人・・・

ぜひ読んでほしい!

レアな本には間違いないですね。

 

Sponsored Link