MENU

最適な竹の伐採時期:秋と冬がベスト!効果的な腐敗防止方法も解説

竹は私たちの周囲によく見られる普通の植物ですが、実際にその特性や管理方法について深く知る人は意外と少ないかもしれません。

竹の成長は非常に速く、放置しておくと様々な問題を起こすことがあります。この記事では、特に竹の適切な伐採時期について、また安全かつ効率的に自分で行う伐採方法とそのコツに焦点を当てて解説します。庭や竹林で竹が過剰に増えてしまい、対処に困っている方やいつ伐採すれば良いか迷っている方におすすめの内容です。

目次
Sponsored Link

爆発的に増殖する竹の特性

竹が地下茎、すなわち根のように機能する茎で互いに繋がって成長していることはあまり知られていません。竹は成長速度が速く、非常に強い増殖力を持っています。

特に孟宗竹と呼ばれる種類は、春になると急速に成長するタケノコを生じ、わずか4ヶ月で地下茎が約8センチ伸びることもあります。成長が一段落すると、栄養を地下茎に蓄え、次の春の新芽の成長に利用されます。

これらの竹が適切に管理されない場合、その強い繁殖力により周囲の土地に広がり、農作物が枯れる原因になったり、隣の庭にタケノコが生えてくることがあります。

さらに、竹が繁茂することで地盤が緩み、土砂崩れのリスクが高まるほか、他の植物に日光が届かなくなり成長が悪化する可能性もあります。

竹の適切な管理とタイミングでの伐採が、これらの問題を防ぐ鍵です。

竹を切る最適な時期:秋から冬の理由と注意点

竹の管理には特に注意が必要で、伐採のタイミングも重要な役割を果たします。竹には伐採に最適な時期が存在し、それは秋から冬にかけてです。この期間は竹が休眠状態に入り、水分の吸収が減少するため、樹液の流れも少なくなります。これにより、伐採後の竹が腐りにくく、害虫の被害を受けにくい状態になるため、材木としても優れた品質を保ちやすくなります。

特に秋や冬に竹を切ると、その後の加工や保存がしやすくなるため推奨されます。しかし、この時期に切ったからといって竹が全く腐らないわけではありませんので、後処理が重要です。竹の適切な乾燥や保存方法については、後述します。

春から夏の竹伐採のリスク

秋から冬が竹伐採に適している一方で、春から夏にかけての伐採は推奨されません。この時期は竹が活発に成長し、水分や栄養を多く含むため、切った後の竹が腐りやすく、害虫の発生も多くなります。

しかし、緊急でスペースを確保する必要がある場合など、春や夏に伐採を行うこともあります。この場合、竹材として利用する予定がなければ、時期を選ぶ必要は特にありませんが、使用する場合は注意が必要です。

竹伐採にまつわる伝統的な信仰:新月伐採と犯土について

竹の伐採には古くから伝わる様々な言い伝えが存在します。その中でも特に「新月伐採」と「犯土(つち、ぼんど)」という習わしが知られています。

新月とは、月が地球と太陽の間に位置し、夜空に月が見えない時期を指します。この時期に竹を伐採すると、材質が良く腐りにくいとされる竹材が得られるとされています。しかし、この考えは伝統的な信仰に基づくもので、科学的な証明はされていません。

また、「犯土」とは、土の神様である土公神が土の中に存在するとされる特定の期間を指し、この時期に土を掘ることや伐採を行うことが忌避されています。これもまた科学的な裏付けはなく、信仰に基づいています。

これらの伝承を尊重するのも一つの方法ですが、竹の伐採を行う際には、伝統的な習わしに囚われ過ぎず、適切な管理と判断をすることも大切です。

竹の伐採方法と役立つアドバイス

ここでは、竹を安全に伐採するための手順とコツを詳しく説明します。伐採作業を始める前に、適切な装備を整えることが重要です。

伐採時の推奨される服装と道具

作業服は身体を保護するため、長袖の衣類を着用することをお勧めします。また、動きやすさを考慮して、スニーカーよりも足袋が適しています。竹は表面が滑りやすいので、滑りにくい加工のされた丈夫な手袋が必要です。

必要な道具には、鉈、鋸、鎌、チェーンソーなどがあります。加えて、虫除けスプレーや竹酢液、道具を携帯するためのベルト付きホルダーも便利です。

竹伐採の手順とコツ

以下のステップに従って竹を伐採します。

伐採する竹を選び、しっかりとした足場を確保します。
竹を倒す方向に根元から適切な受け口を入れます。
切断位置の上部で竹をしっかり支えながら、選んだ道具で切り倒します。
伐採後の竹は乾燥させて小分けにするか、機械で細かく粉砕して廃棄します。
竹の根が再生しないように、重機で抜き取るか、適切な除草剤で処理します。

これらのステップを踏む際に、安全に注意しながら効率的に作業を行うことが重要です。

竹の伐採技術と安全な作業方法

竹の伐採にはいくつかの工夫が必要です。以下に、作業の効率化と安全性を高めるための手順を説明します。

作業の進め方

斜面での伐採作業は、上部から始めて竹を一定の方向に倒すことが効率的です。これにより、伐採後の搬出作業が容易になります。

安定した足場の確保

竹を切る際は、切り株を足場として利用することで、安定して力強く作業を行うことができます。

道具の使い方

レシプロソーでも竹を切ることができます。
充電式のもので、2個バッテリーが付いているものがおすすめです。
Amazonなどでも、いろいろと販売されていますが、家庭で使うのであればレシプロソーで十分です。

ただし、竹切り専用のレシプロソーの刃もありますので、効率的に切る場合は、Z レシプロソー替刃 竹切り用などを別に購入しても良いと思います。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

チェーンソーや鋸を使用する場合は、切り口が地面と平行になるように持ちます。一方、鎌や鉈を使う場合は、上から下への斜めの動きで切り進めるのが一般的です。密集している竹は、周囲の植物を傷つけないように注意しながら鋸で切ることが推奨されます。

注意点

とがった切り株は怪我の原因になるため、注意が必要です。また、鉈で切り株に傷を入れることで、後の腐敗を促進させることができます。

竹伐採後の処理:油抜きの重要性

竹は自然な油分でコーティングされているため、これを除去することが必須です。伐採後、竹材を利用する場合は、油抜き処理を行うことで、腐敗や虫害を防ぐことができます。

油抜きの方法

油抜きの方法としては、火で焙るか、苛性ソーダを少量加えた熱湯で煮る方法があります。苛性ソーダの取り扱いには特に注意が必要です。伐採した竹は、初めに陰干しを1〜3ヶ月行い、その後天日干しをします。梅雨時など雨が予想される場合は、濡れないように特別な配慮が必要です。

油抜き以外の方法(節に穴を開ける手法)

竹を乾燥させる方法として、油抜きの他に節に穴を開ける手法があります。この方法は、節に小さな穴を開けることで、竹の内部が通気しやすくなり、乾燥を促進させることができます。これにより、虫の繁殖や腐敗を効果的に防ぐことが可能になります。特に竹の本数が少ない場合、穴を開ける他に、竹を煮たり、焙ったりする方法も有効です。

竹を長持ちさせるためには、油抜きや節抜き処理を施した後、屋内で保管するなどして雨水にさらされないようにすることが重要です。これにより、竹の品質を保ち、長期間使用することが可能になります。

まとめ:竹の伐採タイミングと方法の概要

この記事では、竹の伐採に適した時期や方法について詳しく解説しました。竹は生育が旺盛で、適切な管理を怠ると手に負えなくなることがあります。定期的に適切に伐採することで、問題を未然に防ぎましょう。

特に竹材としての利用を考えている場合、秋から冬にかけての伐採が理想的です。伐採後は油抜き処理を施し、材木の腐敗や害虫の問題を避けることが大切です。

ただし、大量の竹を伐採する場合は、かなりの労力と時間が必要になることも。そうした大規模な作業は、プロの業者に依頼することも検討してください。専門家に任せることで、作業の効率化や専門的なアドバイスを直接受けることができます。

Sponsored Link
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次