アルミ製ストロー購入方法や金額!おすすめメリットやデメリットは?

アルミ製ストローやステンレス製
ストローが注目されるように
なってきました。

最近、欧米でプラスチック製の
ストローを取りやめる動きがあり、
それが起爆剤となっているようです。

環境への配慮を考えた取り組みが
日本でも加速していく中で、
ついにストローまで目が行き届く
ようになってきています。

「塵も積もれば~」と言いますが~

すでにプラスティック製の
ストローは、かなりの山に
なっているようです。

Sponsored Link

アルミ製ストローのメリット・デメリット

メリット

超合金とまでは行かないまでも
アルミ製ですので、今までの
プラスティック製ストローや
紙製のストローと比較すると
格段に強度が高いです!

スレンレス製ともなれば、
それはもう、使い方を一歩
間違うとコップよりも強い
可能性すらあります(^_^;)

熱伝導が高いので、冷たい飲み物
の場合、ひんやり口元に感じる
心地よさを体感できます。

金属独特の光沢もありますので
インスタ映えにも使えそうです。

マイ箸と同じように、家族で
使う色を決めていると、何度でも
洗って使用できるので
環境にも優しいですね~!

洗う道具もセット販売されて
あるものも多いので安心です。

ちょっとカッコよく、マドラー
としても使えます~!

これは、紙製やプラスティック製では
味わえなかった要素ですが
「音」の楽しみです!

夏場には、涼しい音を奏でてくれます~♬

デメリット

メリットの裏返しになりますが、
強度があるため、簡単に曲げたり
伸ばしたりができないです。

独特の光沢にも好みがあります
ので、透き通ったものが
好きな人にはマイナス評価となります。

独特の「音」ですが、これも
しかりで、音が無いのをお好みの
方には、デメリットの要素となります。

洗って何度でも使用できますが、
衛生管理が必要になります。

ここが誰でも、一番気になるところ
だと思います。

なんせ、ストローを本気で洗った
ことのある人は、そうそういない
でしょうから~♬

でも大丈夫です。
対策済みです~
洗う道具もセットにして
販売されていますので~!

コストの面があります。

プラスティック製は、数円程度ですが
金属製になると、数百円から数万円
までの高級品まであります。

これは、価値観の問題なので
なんとも言えませんが(^_^;)

Sponsored Link

オススメのアルミ製ストロー

色んなものがあります。

凄いですよ~数万円のものまでありますから。

もちろんブランド品です。
デザイン料やブランドの付加価値が
入っているからだと思います。

ちなにみ・・

高級なストローは?

このストローには、驚かされました。

金額もさることながら、ストローの
中をきれいに保つためのアイテム
までセットにされているところです。

持ち運びのこともきちんと考え
まさに一生モノの買い物だと思います。

これなら、人前で使っても
自慢できそうですね~♬

購入方法や金額

新潟県燕市にある金属加工の
会社「関川鋼販」が製造している
アルミ製ストローです。

定番ですので、迷っている
場合は、これがオススメです。

金額もリーズナブルですので
マイストローデビューには
丁度良いと思います。

こちらは、FDA承認のステンレス製ストローです。

掃除用のブラシもついていて
信頼できるストローです。

スムージーやミルクシェイク、
カクテルやホットドリンクなどに
最適とのことです~!

使ってみたいですね~

そろそろ、マイストローデビューしますか~!

<追加情報>アルミのオススメアイテム

アルミ製ストローで人気の関川鋼販が
作っている新製品がこちらです。

独特の形が面白く、それだけでなく
実用的な面も十分考えられています。

こちらもほしいアイテムの一つです~。

ぜひ~!

<関連記事>

ビーガンが栄養不足で貧血になる理由!原因や対処法についても

 

Sponsored Link